仮想旅行名所
    待定

    位置: ホームぺージ> 隆中景> 六角井戸

    六角井戸

    2017-08-03READ:2842

    六角井_副本.jpg

    自诸葛亮离开隆中之后,隆中在历史上曾经历了几次比较严重的破坏,而诸葛亮出山后唯一保留下来的有关他生活的遗迹,就只有这口诸葛亮当年在此居住时用过的生活用水井—六角井,这口井也可以说是隆中的镇山之宝。六角井由砖砌六边形的外观所得名,史料记载井深原有五丈,也就相当于15米左右,但由于时间久远,井底汚泥沉积,到现在也就只有5米多深了,但依然有水,且清澈见底。六角井背靠隆中山,俗话说“山有多高,水有多深”,这也是这口井依然有水的原因。

     

    諸葛亮が隆中から離れた後、隆中は何回の歴史上の深刻な破壊を経験した。諸葛亮出馬の後で殘された唯一の彼の生活の遺跡については、孔明が住んでいる時に使った六角井戸しかありません。この井戸が隆中の宝と言える。六角井戸はれんがで建てられて六角の形をしていることで名づけられた。歴史資料の記載によると、この井戸は深さが5丈ほど、つまり15メートルくらいあったが、時間が経つにつれて、汚泥が堆積していき、今は5メートルしかございません。ただ、依然として水があり、しかも底が見えるほど澄みきっている。六角井戸が隆中山を背にしていてるので、「山は高くあり、水はたくさんある」という俗語のように、この井戸はまだ水があるのもこれによるのである。