仮想旅行名所
    待定

    位置: ホームぺージ> 隆中景> 抱膝亭

    抱膝亭

    2017-08-03READ:2925

    抱膝亭 (3)_副本.jpg

    抱膝亭是光绪十四年至十九年(公元18881893年)湖北提督程文炳在郧襄观察时赵宏恩所修建躬耕亭的位置上重修的。相传此处原有一块大石头,诸葛亮寓居隆中时,在闲暇之余会坐在这块大石头上吟唱山东老家的小调《梁父吟》,一方面抒发自己的思乡之情,一方面抒发自己远大的抱负。整座亭阁在绿茵之中,六角形,三檐三层,檐角高跷,造型挺秀端庄。亭内有木梯可登楼赏景,别有一番情趣。

     

    抱膝亭は光緒十四年から十九年まで(西暦1888年-1893年)には、趙宏恩が建設した躬耕亭に基づき、湖北程文炳提督が襄郧で観察時における再建築したものである。ここには大きな石があると伝わる。諸葛亮が隆中で住んでいたとき、暇のときには、この大きな石の上で山東の実家の《梁父吟》を歌いながら、自分の望郷の情を表し自分の遠大な抱負を述べていた。抱膝亭は緑の芝生の中に位置し、六角形、三軒三階であり、縁角が上向きで、美しいスタイルをしている。亭内には梯子が設置され、上に登り景色を満喫でき、一種特別な風情がある。