仮想旅行名所
    待定

    位置: ホームぺージ> 隆中景> 石鳥居

    石鳥居

    2017-08-03READ:4197

    石牌坊—全_副本.jpg

    みんなの目の前には、この石の鸟居の古隆中の建设も、襄陽市の文化の名刺。建清の光年間、が当時の湖北提督程文炳びつけたのは鑛山。古隆中鸟居の柱が三四門樓式の構造、青石組み立て成、高さ約6 m、幅約10メートル。鸟居の字の碑で彫刻「古隆中」の三字、「古」の字を代表した隆中悠久な歴史を指して、隆中私のうしろの隆中山。古典、襄陽(ヤンヤン)城西山、隆しかしでから、番曰隆中。まさに「隆中は山で、山は人で霊」で、この山を添え隆中霊気の人は诸葛亮孔明ました。
    次の间で、手札鸟居の下枋わしがダブル鳳朝日新聞、鹿鹤同寿、麒麟、子育て赤虎朋寿などのレリーフ。左右には字碑刻选自诸葛亮『诫潮』の二句话「軍刀関东近辺」、「静か致远」、就说のどかな寡欲を明確に志こそ、清浄なる安寧こそ実現远大な理想。私たちに「静か致远」の中の「寧」の字の特別:史上初の「寶蓋」头を代表している社、中間の「心」、下首は「用」の字を分解、解釈を心がけこそ、読书家は安寧の心境だ。石の鸟居は門柱に刻まれず「三频繁に、天下を计2朝済老臣心」の诗句を、この連アンディ杜甫の『蜀相」という詩は、「どこの丞相祠さがし、锦官城柏森森。映段碧草自春コール、黄鹂空。三顾频赤坊うるさい、天下を计2朝済老臣が不安心だ。未捷の身长を先に死せる涙、英雄」。満はつらつこの诗句の抑扬、诸葛亮刘备三行くにもかかわらず彼は隆中草廬を模索中、天下统一の大計の慇懃の意を尽くすの補佐を投げ出そ、刘备、刘禅二代の朝廷が忠臣の心。
    これから友达の迎え客を见てください、鸟居の背面背面の真ん中の字には「三代目碑刻下一人」という言葉に、いくつかの大字高度賛美した诸葛亮孔明は夏商周三代目以降の第1人杰。「両方の石柱対等の間、指揮见伊吕すれば定失蕭氏曹」は杜甫の『打算の跡地』:「诸葛大名たれる、宇宙宗臣影像の粛清高。三分割纡チップ策によれば、万古一羽とびあがり。対等の間、指揮见伊吕すれば定失点。运移曹蕭氏漢祚栄は復、志決身殲なか軍務労」。伊藤とは、兵を、彼は商代開国君主湯の大臣;呂とは、呂尚、つまり、彼姜子歯補佐世である、武王灭商有功;潇河(ショウハ)と曹参、すべては劉邦の谋臣、漢初めの名相。これをもうけ、伝説の諸葛孔明の文韬と武蔵と兵仲伯やや难、调度、指揮鎮静余裕、潇河(ショウハ)、曹参が色あせ(以上の四人とも诸葛亮所職のように、この四人で、表は孔明軍国大政の支配に劣らない上は、彼らとの)。