仮想旅行名所
    待定

    位置: ホームぺージ> 隆中景> 躬耕陇亩

    躬耕陇亩

    2017-08-03READ:3178

    躬耕田_副本.jpg

    诸葛亮在隆中居住时,和弟弟诸葛均一起开荒种地,过着自给自足的躬耕生活。1984年,隆中风景区在躬耕田的中间立单檐庑殿顶式亭阁一座,亭上方有“田园淡泊”匾额,亭中是2002年前国家军委副主席刘华清到访隆中时所题写的“躬耕陇亩”碑。每逢春季,亭阁周围金黄的油菜花遍布,仿佛述说青年诸葛亮的隐居时光。

     

    諸葛亮は隆中居住時、弟の諸葛均と一緒に開拓耕作して、自給自足の生活をしていた。1984年に、隆中景勝地では単軒殿頂式亭が真ん中に建てられた。亭の上方に「田園淡泊」の額縁が掛かっており、亭の中には、2002年に元国家軍事委員会副主席の劉華清が隆中を訪れ時に書いた「躬耕陇亩」の碑がある。毎年春になると、亭阁の週囲には金色の小松菜花が至る所まで満開し、まるで靑年諸葛亮の隠居時間を語っている。